0388 - 大室家のお馬鹿な次女

時間制限 1 秒 / メモリ制限 64 MB / 得点 3 / Writer ei1507 / x 46 / 統計 /


TLE
1sec
MLE
64MB
得点
3

大室家のお馬鹿な次女

「櫻子、本当にこの問題すら解けないんですの...?」

あるところにお馬鹿な中学生がいた。ただでさえ頭が悪かったのだが、
頭を打って唐突に足し算と掛け算のやり方が頭からすっぽ抜けてしまった。
これでは勉強を教えることさえままならない。
彼女の幼なじみ、古谷向日葵は彼女が元の頭に戻るまで簡易的な計算プログラムを与える事にした。

入力

入力は複数のデータセットから構成される。各データセットの形式は次の通りである。

N
C
M1 ... MN


1行目には整数の数を示すN(1<=N<=10),足し算か掛け算かの判定をするC(0 or 1)が与えられる。
2行目からはN個の整数M(0<=9)が与えられる。

最後のデータセットの直後に、-1が与えられる。

出力

N個の整数を、Cが0の場合は足し算、1の場合は掛け算で計算して答えを出力せよ。

入出力例

入力例

2
0
3 5
7
1
3 2 4 1 5 1 3
-1

出力例

8
360

解説

一つめのデータセットではCに0が入ったので、3 + 5 = 8で8を出力します。
二つめのデータセットではCに1が入ったので、 3 × 2 × 4 × 1 × 5 × 1 × 3 = 360で360を出力します。
Nに-1が入ってプログラムが終了します。