0479 - タイガー泥団子

時間制限 1 秒 / メモリ制限 64 MB / 得点 5 / Writer ei1507 / x 41 / 統計 /


TLE
1sec
MLE
64MB
得点
5

問題

タイガー博士はタイガー比率に飽きてしまった。最近はどろ団子にハマっている。3のサイズのどろ団子と2のサイズのどろ団子をくっつけると、その和である5のサイズのどろ団子が作られる。タイガー博士は特定の大きさのどろ団子を作りたい。どろ団子が複数与えられるので、そこからいくつか選んで足し、特定のサイズのどろ団子が作れるか調べて欲しい。

入力

データセットは一つだけ与えられる。入力の形式は次の通りである。

N M
S1 S2 ... SN


1行目にはどろ団子の数を示すN(1<=N<=30),作りたいどろ団子のサイズM(-10000≤M≤10000)が与えられる。
2行目からはN個のどろだんごのサイズS(-100≤S≤100)が与えられる。

出力

もし特定のサイズのどろ団子が作れるなら"YES"、作れなければ"NO"を出力してください。(""は除く)

入出力例

入力例1

5 20
9 1 4 2 7

出力例1

YES

解説

9と4と7を足すことで20が作れるので"YES"が出力されます。

入力例2

6 334
93 32 48 100 -50 4

出力例2

NO

解説

マイナス質量のどろ団子が与えられる場合もある。