0833 - 鍵山検問

時間制限 1 秒 / メモリ制限 256 MB / 得点 1 / Writer root / x 38 / 統計 /


TLE
1sec
MLE
256MB
得点
1

問題

雛ちゃんだ。かわいいね。

最近の雛ちゃんの流行りは検問ごっこである。幼稚でかわいいね

検問と称した積み木のゲートをいくつか用意し、そこに名前を書いた車の模型を詰める。

検問を通過した車は、次の検問へと詰まっていく。渋滞だね

雛ちゃんはかわいいので、検問ごっこをした後に、どこにどの車があるかを忘れてしまう。

雛ちゃんの笑顔の為に、検問ごっこの後に、

各検問にある車の名前を出力するプログラムを作成して貰いたい。

入出力形式

最初に、検問の数 N が与えられる。

その後の入力は以下の三つの命令からなる。

push str
第一検問の最後尾に 車両str を追加する。
out i
i != n の場合は、第i検問の先頭車両を第i検問から取り出し、第i+1検問の最後尾に追加する。
i  = n の場合は、第i検問の先頭車両を第i検問から取り出す。
なお、第i検問に車両がない場合は何もしない。
exit
入力を終了する。


exit の入力後に、各検問毎に

検問番号とその検問に詰まっている車両を検問の先頭順に出力せよ。

制約

  • exit を除いた入力の数は 100000 を超えない。
  • str の中身は、大文字と小文字のアルファベットである。
  • 1 ≦ |str| ≦ 10
  • 1 ≦ n ≦ 10000
  • 1 ≦ i ≦ n

入出力例

入力例

2
push Hina
out 1
push TNOK
out 2
out 1
push TDN
out 1
exit

出力例

1
2
TNOK
TDN